Concept

Good communication with horse

「No Genre All Genre」~シンプルに馬と向き合う

現在、人間と馬は、競馬・乗馬・ペット・食用など様々な場面で関わり合っています。その中で、品種や用途の違いなどで飼養方法、スタイルは当然のことながら変わり、同じ馬でありながら、扱い方もそれぞれ違うというのが現状です。
MKRanchでは「馬」と「人間」との関係を、品種や用途の違いに囚われず、シンプルに馬とより良いコミュニケーションを図ることをコンセプトとします。

シンプルに「馬」と向き合う
スタイルやジャンルに囚われず、シンプルに「馬」と向き合う事で、より良い関係性を築きます。

concept_scene_01

concept_scene_02

馬の心理を理解し、
より良いコミュニケーションを図る
馬の心理や特性を理解する事により、人馬共に安全で快適な関係性を築きます。

品種・用途に囚われず、
様々な馬に対応する
品種や用途が違えど、馬は馬という考えのもと、様々なジャンルの馬に対応します。

concept_scene_03

concept_scene_04

放牧管理により
馬同士の社会性を身につける
季節を問わず、放牧管理で馬を飼養します。多頭数での放牧飼いにより運動時間も確保され、馬の社会性も身につきます。

馬を通じて様々な活動を行う
馬を通じて企業研修を行ったり、地域活動(地域の子供たちの乗馬教室やふれあい体験等)やお祭りなどへの参加を行います。

concept_scene_05