MKランチの動物達

今年の当歳出揃いました

MKランチの動物達

実は、とっくに出揃ってましたw
しっかり紹介したいと思います。

今年の出産予定は、ポニーのミルクと去年の種付け不振で大きい馬はアマっち一頭だけ。
とにかく無事に!という思いで春を迎えました。

まずは、ミルク。
去年の種付けは、ミルクが種馬君のところへ出向いて、一か月ほど一緒に過ごしてきました。
…なので、種付け日は、いつかわからない。
二週間くらい早く産む傾向のあるミルクさん。
色々と逆算して、早めに馬房に入れるも、「まだ生まれないはず」と思いこんで、一番下に差し込む衝立をせずいると…
とある朝、厩舎に入る直前に「がしゃーーーん」
カラスにしてはでかい音だな~と厩舎に入ると、廊下に見たことのない茶色い物体が?!
誰?
思考回路が繋がるまで大分時間がかかりましたw
そんなわけで、朝には立っておっぱいも付いて、フラフラしてるうちに小さいが故に外に出ちゃったんですね。
無事に生まれただけでなく、その後も無事でよかったです(^^;)

そんなマリンです!
立ちあってない方が無事に産んでくれるというミルクさん、私たちは複雑ですw

そして、アマっち。
これからの繁殖生活を頑張ってもらう為にも、もともと悪かった足を秋に手術して、トトを産む前よりも快適に妊娠期間を過ごしてくれたようです。
予定日前後にはきっと産んでくれると思いつつも、大きい馬の出産はいつも不安。
周りのサラブレッドの繁殖牧場さんの苦労が身に染みる時期でもあります。
phを測るも、イマイチ信用もしてないというか…
そんなこんなで、夜中もちょこちょこと見に行くわけですが、一週間も続いてないのに、ばてばて。
そんな日が続いたある朝、ふとアマのおっぱいを絞ってみると、前日の夕方まで色味がなかったのが、白っぽくなっている。
phもついでに測ると、どんぴしゃ。
「今日中にうまれるよー!」と宣言してみる。
誰も日中に産むことは考えていなかったわけですが、念の為に小パドックにアマを放牧すると…
九時過ぎに破水。
破水しながら、集牧(笑)
そして、30分かからず出産。
安産♪
念願の女の子---!
毛色は生まれるまで、酒の肴としていつも話題になるんですが、パロミノ希望でしたが叶わず。
アマと同じ明るい鹿毛でした♪

トト兄ちゃんと違って、触らせる人懐っこさ。
ちょっとおとぼけ、ディアナです!

そして、うちでの出産ではなかったのですが、MKRanchの一員になったのが、クロワッサン!
乳母のお仕事をしているお母さんから生まれたクロくん。

生まれて二週間でうちにきました。
お母さんがここにいないので、バケツから毎日ミルクを飲んでいます♪
とても人懐っこくかわいいクロくん。
初め群れに慣れさせようと、ちょっとずつ一緒に過ごす頭数を増やしていったんですが、同じ男の子、年齢も大きさも近いということで相棒をトトにしようと思っていました。
が、ちょっとした手違いでサプライズを投入してしまったら~
なんか、サプちゃんお母さんしてる!(笑)
二歳の未出産のサプちゃん。母性あったの?w
きっと馬があったんでしょうね。ほんとにそういう出会いだったのかもしれません。
今もなにかあるとそばにいます。
クロくんも、そんなサプのおかげで群れに馴染んで、いまやたくさんのお母さんに囲まれて過ごしています。
ただミルクを持っていくと、ぼぼぼ…って鳴くくせに耳をしょってくるのやめてほしい。

ねている馬に忍び寄って、ちょっかい出すのも得意なクロくんです(笑)

一番のおてんば娘はマリンちゃん。
放し飼いにしていると、プックのところに遊びに行ったり、お父さんのあさひ(只今種付けの為入厩中)のところに挨拶に行ったり、レッスンを邪魔したり、1人フラフラとマイペースに行動しています。

いまだのんびりとお母さんと二人っきりで過ごしているディアナ。
過保護気味な私たち(笑)
そろそろ荒波に投げようと思っていても、蝦夷梅雨が手強いです。
君の前途は多難だぞ!

シロメ昇天

MKランチの動物達

外は大雨です。
ただの雨じゃなく、大雨の時にしかブログを書かないと…何カ月もたってしまうものなんですね。
読者があまりいない事を、むしろ祈りますw

大雪だった季節もすっかり変わり、夏に足が掛かっているわけですが、今年は寒い。
やっと無理やり半そでで外に行く感じです(笑)
なのに、父ちゃんは焼くために今年もランニング姿・・・・・・ちーん
そんなことは、どうでもいい話ですw

思い出のために、シロメの最後を残しておきたいと思います。

忙しく過ごしていても、いつも変わらずのだいたいのルーティンに組み込まれていたのは、シロメの世話でした。
後ろ脚が動かないシロメとの付き合いは、腰麻痺になった直後からどんどん変わっていきました。
初めは、青草を食べさせてあげたいと、もう子どもたちに使わなくなったベビーカーを改良して外に連れ出してあげたりしました。
しかし、前脚も移動する程の筋力はさすがに長くは続かなく、麻痺した脚はカラスの格好の餌食となり、外に置いておくことも出来なくなり、そこから終日馬房生活が始まるようになりました。

誰かの気配を感じると「メーーー」と鳴き声が聞こえました。
毎日配合飼料をもらえるのが楽しみなシロメは、ガサガサとエサをいじってると、その音を聞きつけて「くれー!」と叫びました。
水も口元へ持っていってあげると、ほしい時は飲む。いらなければ、顔をそらして、前脚でくるくると動き背をむけることもありました。
動けなくても、シロメはシロメ。
憎たらしいところは、健在!(笑)
草もしっかり食べ、水も飲み、鉱塩の塊はお友達♪…このままいつまでも生きられそう♪とシロメの強ささえ感じていました。
馬房に入ってくるカラスはネットで防ぐと、今度はネズミにかじられているシロメ。
で、ネズミ捕獲大作戦。
そして、暑くなってきたら虫が出てくる…暑くなったらどうやって対策してあげようか。
あんなに寒かった冬も越えられたシロメの生命力にどこまでも付き合おう、で、どこまで付き合えるか?
にしても、シロメにはいいけど、今年はなかなか暖かくならない!
そんなことをずっとみんな心の片隅で思っていました。

春になってから、掃除をした後、ふかふかの寝藁の上で身を投げて寝るようになり、ちょっとずつ体力が落ちている感じでした。
唯一の動く術だった前脚は段々シロメの思うように動かなくなりました。
死んだように寝ていることもあり、覗く度にハッとすることも。。。
六月半ば、前脚の片方が完全に動かなくなり、ひっくり返ってしまうようになり、食事も思うようにとれなくなっていきました。
シロメ、省エネモードですw
その後、ひっくり返り防止をしてあげるも水も飲めなくなり、青草も咥えて上を向くだけ。
身体が勝手に動いてひっくり返ろうとしてしまっていたのも止まり、落ち着いたときにはもう何もできなくなっていました。
動けなくても、食べる事だけはやめず、腰麻痺になってから11ケ月生き続けたシロメの限界でした。
食べる事をやめたシロメに、私たちが出来る事はただ待つことしかできませんでした。
そして、21日。夜寝る前に覗いた時には、もう息をせず、静かに眠っていました。

彼に鳴き声が、生きている証でした。
鳥のさえずりとシロメの鳴き声が入り混じって聞こえるのが日常の音でした。
シロメがいなくなって一週間、馬房にシロメがいるかとつい見てしまいます。
あんなに存在感のあるヤギにはこれから先会う事が出来るかはわかりませんが、できれば、もう会いたくありません(笑)
ただすごくさびしいです。

今頃きっと大好きだったキンちゃんと元気に走っている気もします。
そうだったらいいなと思います。

それにしても、シロメ!
あんたは憎たらしいヤギだった!!!

そして、たくさんのありがとうとごめんねをシロメに。。。

キンちゃんのこと

MKランチの動物達

キンちゃん。
最初から最後まで面白い素敵な存在だったので、ブログに残しておこうと思います。

彼は、ギンちゃんと共に我が家に来ました。
話によると、双方別々の場所からきた四歳の去勢のザーネンのミックスとのこと。
ヤギを牧柵で飼えると思っていた私たちは、来て早々逃すという失態もありましたwww
草刈り隊になってもらおうと思っていたものの、思いの外食べず、寝て反すう(笑)
そのころ父ちゃん、ヤギを見ては
「あいつら、寝て反すうばっかりしてて、全然仕事しない」とぽつり(笑)

冬になると、大抵元気が無くなるのは、ギンちゃんよりキンちゃんでした。
年齢的には、なんだかおじいちゃんじゃないはずなのに、おじいちゃんぽいデリケートさ。
それでも、人一倍青草と配合飼料に対しての食への貪欲さはハンパなく、誰よりも人懐っこい愛すべき存在でした。

来た当初から、とっても人懐っこく触られるのも好きだったキンちゃん。
おかげで、ヤギの愛らしさを覚えた私たち。
最初に飼ったのがキンちゃんとギンちゃんだったから、きっと私たちはヤギをもっと飼いたいと今に至ってしまったのは間違いないです。

キンちゃんは最後の日、掃除に行くと、屋根の下で1人で寝ていました。
いつもそばに寄ってくるのに、寝ているのを変だなと感じて、近くに行って声をかけると…小さく鳴いてくれました。
それでも、動く程の気力がもうなさそう。
具合が悪いとかじゃない、きっともうすぐお迎えがくる?と、すぐわかりました。
そのあと、一輪車でシロメの馬房まで運んで様子を見ていましたが…そっと眠りたいキンちゃんをよそに、興奮していくシロメ。
ぐいぐい寄っていって、フレーメン、舌べろべろ、しまいにはキンちゃんの耳をカプカプ。
明らかに、死にそうなオス(去勢だけど)に発情してる(笑)
しんみりのシチュエーションを、乱すシロメ。
迷惑そうに起こされるキンちゃん(笑)
なかなか逝かせてもらえないwww
そして、シロメの興奮が落ち着いた頃に、そっと眠るようにお星様になりました。

キンちゃんはうちに来てから四年。
年齢は計算すると八歳。
…本当に八歳だったのかなという謎だけ残していきました(笑)

なんか笑っちゃう死に際だったけど、とてもそっと…素敵な去り際でもありました。
キンちゃん、ありがとう。

そして、キンちゃんの亡くなった日に、ある猫ちゃんと出会いました。
我が家にちょっと早いクリスマスのプレゼントを、キンちゃんは用意してくれていたみたいです。
キンちゃんサンタクロースのお陰で、また家族が増えて賑やかになりました。

キンちゃん、ありがとう♪
そして、メリークリスマス♪

父シロメ

MKランチの動物達

今まで凶暴認定されていた、我が家の牡ヤギ、シロメ。
事件があればネタにしてきました。
じゃないと、憎たらしくて仕方ありませんでした。(笑)
牧柵の中に入るときには、常に彼に警戒をしていました。

警戒心がとても強く、プライドも高く、そして何より強かった。

20449146_1144052329072256_2457934726743093886_o

ふとある日から馬房の中にひきこもることが多くなり、元気がないなと様子を見ていたんですが、あっという間に後ろ足がおぼつかなくなり、「まさか腰麻痺?」と駆虫をした時には、時すでに遅し。
麻痺の進行はおさまったようですが、すっかり後ろ足に力は入らなくなってしまいました。
それと共に、今までは近づく事もままならなかったのに、彼の気高いプライドはどこかへ行ってしまいました。
今まで出来なかった事。
人の手からエサをたべる。
人の持つバケツから水を飲む。
人に触られる。
今や、全部できます。
介護認定ヤギ…とてもかわいらしくなってしまったシロメです。
不謹慎かもしれないけれど、とてもかわいいのです。

うちに来てから、彼は19匹に遺伝子を残してくれました。
ポッポ、ウリ、バン、ビー、メロ、ゴンゴン、トニー、ナナコ、タイガ、サンちゃん、トナ君、ワニ君、ウサちゃん、クマ君、チーター、マロン、グラ、プチ、クリちゃん。(全てうちにいるときの幼名)
わお!
数えてビックリです(笑)

19055546_1144052492405573_6425570549596497681_o

20507651_1144051515739004_2921716013755926840_o

キンちゃんとギンちゃんでヤギのかわいらしさを知った私たち。
シロメには、その先を…深みを教えてもらいました。
もう遺伝子はきっと残せないけど、また違う付き合いのスタートです。
シロメの生命力に期待しています♪

お産終了&インフルの脅威

MKランチの動物達, MKランチの日常

ゴールデンウィーク前から季節外れのインフルが流行っていると聞いてる中、我が家の下の娘が発熱。
保育所との兼ね合いもあったので、インフルの検査を受けるも陰性。
その後すぐ熱も下がり…と思いきや、また高熱発症。
溶連菌も流行っているというので、調べてもらう為に別の病院で再度インフル検査するもまた陰性。
その時点で、インフルの線は我が家では無くなったわけです。
それにしても、長々と熱が下がらず、ほとんど一緒についていた腰痛父ちゃん。
やっと娘ら二人揃って保育所にいってくれるようになった…と思ったのもつかの間。
父ちゃん「熱でた」
きっと子供のうつったんだね。=インフルじゃないね。
この判断が間違ってました。
その二日後、母ちゃん熱発。
母ちゃんほぼ高熱が出ない人間なので即インフルを疑って検査するも、ついに「インフル陽性」
てことは、父ちゃんもそうだね。
そして、下の娘もきっとそうだっただね。
にしても、普段インフルなんて縁のなかった私たち大人には、痛い・苦しい・寒い・だるいの大打撃。
なるもんじゃないですね、インフルエンザ。
もうこんな目には二度と遭いたくない…。
そして、昨日頼みの綱だった最後の砦の上の娘が、熱発。
まだしばらくトンネルから抜け出せそうにありません。

肝心の営業に関しては、ご予約頂いていたお客様をはじめとして、多大なご迷惑をお掛けしています。
まだウイルスが抜けきっていない時期で、来場いただくお客様にうつしかねない上に、我々もまだ本調子じゃないというのも正直なところです。
申し訳ございませんが、今週いっぱいお休みさせて頂きます。
来週からはしっかりやりますので、その際はよろしくお願いいたします。

さて、インフルフィーバーはさておき、MKRanchではお産も全て終了いたしました。
昨年、三頭に種付けをして、出産までこぎつけたのが、二頭。
一頭は、もう報告したアマゾネスです。
トト君元気過ぎて、アマがおっぱいを飲ませてくれないと、アマをポコポコと蹴り倒すという(笑)
ほんと元気で有難い限りのやんちゃ坊主君です。
そして、もう一頭はミルクです。
アマの出産が終わった後、ミルクの出産はみんなで心待ちにしていました。
比較的早い時間に産気づいたミルクだったんですが、胎盤はく離という状態で出産が始まってしまい、胎児には自力で出てくる力は無かったようです。
なんとか引っ張り出し、ミルクは無事でしたが、死産という結果でした。
待望の女の子だったと知り、悔やむばかりですが、こればかりは仕方ありません。
ミルクがなにより無事でいてくれたのが良かったです。
確率でいうと悪い結果かもしれませんが、それだけ出産というのは、奇跡に近いのかもしれません。
結果、今年はトト君一頭のみの当歳ですが、馬達にはトト君を囲みながら、青草の良い季節をしっかり謳歌してもらいたいです。

出産が終われば、種付けです!
来年はどんな仔がうまれてくるのか、付ける前から楽しみです。

待望の第一子誕生♪

MKランチの動物達, MKランチの日常

待ちに待った純血クォーターの仔が5月6日の0:00~3:00の間に誕生しました!!!
0:00までは1時間おきに様子を見に行っていたのですが、「今日は産まれん!!」との判断で次の巡回は3:00に決め、それまで仮眠をしていました。
3:00に見に行くとすでに立ちあがり、初乳も飲み終わっていたようです(笑)
初産だったから心配でしたが、母子共に健康でホッとしました♪
18379009_1039308276170067_1058319468_o

18426162_1039308546170040_762304727_o

18378942_1039308622836699_1640256266_o

早速朝から外に放牧!!
18386943_1081006682043488_471695602_n

18360374_1081006698710153_319567402_n

18361446_1081006702043486_370172046_n

元気に走り回る姿は、今から将来が楽しみになってきます!!

名前は・・・・

悩みに悩んだ末「トトファルケ」となりました。
由来は
トト:月の神
ファルケ:神話に出てくる馬の名前
だそうです。

名前負けしないように元気に育てよ~♫

おかえり

MKランチの動物達

夏前に、種付けをしに行っていたアマとルナが帰ってきました。
久しぶりに顔が見れて、なんだかほっとしましたが…

がちゃがちゃしてる?

14731175_933659616778196_4152097266299429374_n

14702293_933659576778200_4182258915269237059_n

まだ群れは落ち着きが無く、ガチャガチャしております(笑)

やっぱりもともと群れの一員だったのは、お互いにわかっているようです。
気の強いアマはちゃんと自分より弱い馬には主張もしているし、許している馬にはむやみに追い立てたりもしない。
相変わらず、きつい顔して蹴散らしてます(笑)

ルナも仲良くはしてもらえないけど、レッスン終わりで後から群れに入れた妹のサラに「ぼぼぼ」って鳴いてみたり(笑)
それでいて、バタバタと周りを見ながら逃げ回ってます。

なんだかおかえりな感じが勝手に実感できました。
「そうそう。君らのポジション、そこだよね」

14463298_933659503444874_8682067077547030989_n

来年の春は二頭とも初めてのお産となります。
このまま無事にお腹で育ってくれて、春に笑って二頭の仔馬に会えるのが、今から楽しみです。

14702476_933659530111538_5920993688053462327_n

アマゾネスさん、心なしかもうお腹大きい?(笑)

きっと二頭ともいい母ちゃんになると思うんだよなーw
春がぐぐっと楽しみになってきました♪

ちょびひげ

MKランチの動物達

ヤギの象徴ともいえる「ひげ」
いつはえてくるのか?考えたこともありませんでした。
四か月でうちにきたピッピとコッコ。
ひげのかけらもありませんでした。
妊娠をして、出産もして、大人になったなーと思っていても、まだひげがない。
ひげはえない種類なのかしら?
いや、でもピッピとコッコの母さんたちははえてるよな~…とぼやっと思っていたんです。

で、やっとピッピにかわいいひげはえてきたみたいです♪
一歳半にして、やっと!

12715728_780992595378233_3029384375561592816_n

ちょろっと黒いひげ、わかりますかね?(笑)

578647_780992628711563_5300805451110070536_n

ちょびひげすぎて、わかりずらいですね。。。

12745556_780992648711561_317341547925835748_n

「みてーーー!」
こころなしか、嬉しそうw

でも、コッコは…まだみたいです(笑)

ジュディの困難

MKランチの動物達

ジュディは我が家で生まれた初めての仔です。
サラよりも一回り小さい馬がほしいということで、サラにウェルッシュポニーを配合しました。
何もかもが初めてだった出産な上、なかなか出てきてくれず、やきもきやきもき…
結果一年近くサラのお腹に居座った、ちっちゃいガキ大将!?

12651071_772518302892329_5721338380850398333_n

産まれた時からサラとマースに守られ、後から入厩してきた馬たちからも「チビだし」くらいな感覚で攻撃対象にもならず、うまく馬たちの中でコミュニケーションとりながらぬくぬくと過ごしてきたジュディ。

12642860_772518346225658_3014321448176783512_n

夜、厩舎の中で誰にも何も言われず堂々と寝れるのは、彼女だけです。

12651090_772518322892327_3601895473162463358_n

世間の競走馬の卵たちは、独り立ちしているというのに…まだ飲みますw

このままぬくぬくさせても、いずれ勝手に離乳されるだろうし…ま、いっか。
そんな風に思っていたんですけど、そろそろ基本的な事ぐらいはしっかり教えていこうかな?と遊びに連れだしてみると

12642893_772518356225657_5707039505571733051_n

そんなに目をひんむかなくったっていいじゃない?!
わたわたわたわたわた…
ガキ大将も、1人がめっぽう弱いということが判明。

そのあと、仕事の関係上、群れに戻さずに空き馬房に入れてみると…

「やだやだやだやだ」
「こんなところやだーーーー!」
「おかあさん、おかあさん、おかあさーーーん!」

はい。
離乳決定!(笑)
こんなに1人でいることにびびっているようでは今後に響くような気がする。。。
そんな気がスールー。

というわけで、昨日からジュディの困難な日々が始まりました。
立派になれよ、ジュディ!

ベイシーとアマっち

MKランチの動物達

ベイシー(B)「アマっちー♪あそぼーよー♪」
アマっち(A)「いま、そういう気分じゃない」

12572952_767907876686705_7168853707893431732_n

B「ねーねー♪」
A「だーかーら-!ほっといてってば!」

12645270_767907803353379_7694216424157142491_n

ベイシー、アマっちの足をこしょこしょ。しっぽをむしゃむしゃ。
A「ベイシーしつこいっ!」

12631296_767907773353382_1635986107348693374_n

A「ホントにやめてよ!」

12565375_767907843353375_8609396995056391350_n

A「しつこいんだってばっ!」

12642564_767907753353384_6833894506639193057_n

A「なんでそっとしといてくれないの!」

12642564_767907753353384_6833894506639193057_n

B「僕の方が大きいから届かないでしょー♪」
A「もーーー!」

12642641_767907820020044_5220369085519002949_n

A「しつこいって何度言えばわかるのよ!」

12548954_767907786686714_1991682838163697423_n

A「ベイシーのばかっ!」

B「…ごめんなさい」