トレーニング

まいにち、ミルク!

トレーニング, MKランチの動物達

「まいにち、修造!」にちなんで、「まいにち、みるく!」って感じで、ここ最近毎日ミルクを触ってます。
松岡修造のような名言は、ミルクの口からは聞けませんが(笑)毎日違う表情を見せてくれるミルクさん。
ポニーの…というか、ミルクの性格。
人間味があって面白いです。

12047802_751627061632096_1799399091_n

台に乗ります!

12053281_751627024965433_1249795816_n

ボールとも仲良し!

12082157_718635744947252_213347288_o

障害も飛びます!
ん?人も飛びます???(笑)

12059207_718635624947264_2029345718_o

寝ます!
膝枕も♪

12062845_718635541613939_1204475185_o

ひっくり返されても…?
観念してる様子です。

12077423_751627018298767_482376191_n

色々やられて、すごい嫌な顔をするミルク。
従順そうにやっているようで、従順じゃないようです(笑)

多分、この顔のミルクが、本当のミルクの心情をあらわしてるかもなぁ。。。
この感情との折り合いが、修行ですね、きっと。

12076433_718636441613849_2070037464_o

癒し系目指します。

競り馴致とボケ防止

トレーニング

来週にはセレクトセール、再来週はセレクションセールと競走馬の競りのシーズン真っただ中です。
競りに向けて、オーナーの決まっていない多くの一歳馬が競りに向けてトレーニングをしていると思います。
サマーセールも8月の末に控え、セレクト、セレクションを目の前にしながら、生産牧場の方々はバタバタとサマーセールに向けての事も同時に進めていっています。
そんな中、私も癒しとは程遠い(笑)競り馴致に行っています。
きっと馴致に関わる生産者さん、コンサイナーさんは今時期疲れが溜まっているはず。
特に下半身。
本当にお疲れ様です。
私も引き運動にいい靴があったらおしえてほしいです(笑)

先日、テレビから何となく流れてきたこと。
『ボケ防止には、歩きながら、計算など別の事を同時にするといい!』と。
会話もいいらしいです。
あははーなんて笑いながらの友達とのお散歩、今の時期は風も気持ちが良いですから、いいですよね。
って、それもいいですが!
違う違う…今の私が毎日やっている事!
まさに、これですよ!
歩きながら、別の事を同時にする。
うん、私毎日ボケ防止してたんだな。

競り馴致はだいたい引き運動が主体で行なわれると思います。
そこが主体でなくとも、引き運動は必須なところ。
私の場合、馬にもよりますが、歩き主体であまりやらない分、歩きは馬にかなり集中してやります。

「近いからもっと離れてくださーい」
「こっちの言う事わかってますかー?」
「集中してますかー?」
「もっと前に行って下さいよ」
「こら、噛むな!」
「早く歩くよー」
「だーーー!」
…とまあ、声に出したり出さなかったりで馬の事を感じながら、コンタクトをとります。
要は、ドライブラインであったり、自分の安全な場所の確保であったり、馬との距離感や意識、プレッシャーのかけ方、リリースポイント…たくさんの事を考えながら歩くわけです。
これがボケ防止だったとはね。

こんな風に、なんでも情報を自分のやっている事に関連付けてしまうのは、もはや職業病でしょうか(笑)
これでも、きのう食べた夕食が思い出せません。
人や馬の名前が出てきません。
子供の持ち物を忘れてばかりです。

うん、怪しい情報だ。

目指せ!!ポニーショー

トレーニング

ここ最近の三石はずっと天気がパッとしませんでしたが、昨日は久しぶりの好天!!
そんな時は、馬の調教もどんどん進みます。

1ケ月程前にMKRanchにやってきたポニーのプックとミルク。
親子なんですが、今まで調教という調教はおこなった事が無い馬です。

子供を乗せるには小さすぎるし、せっかくGood communucation with horse を掲げているMKRanchに来たからには、ペットとして飼うだけではなく、何か出来ないか??と思いたって、色々とコミュニケーションを図るようにしました。

昨日は、台の上に乗っかる練習。
基本的にMKRanchの調教は餌を使わないで行いますので、馬が納得するまで時間をかけて待ちます。とはいえ、今回のミルクはそんな時間をかけずに台の上に足をあげました。本当に馬って賢いですよね。
馬は草食動物で安全で快適な場所を好むと言います。台の上が安全で快適な場所だと認識すれば喜んで乗っかるもんです。

DSC_0363

言葉のコミュニケーションを図る事が出来ない馬にどうやってやってほしい事を伝えるか・・・。
その過程が本当に面白いです。

台の上に上がった後は、クロスの障害も飛ばせました。
障碍も何なりとクリアしたミルク。

11666076_1877243725835005_3496066588078309469_n

MKRanchポニーショーも夢では無い????(笑)

※「馬とヨガで癒しのひと時を」7月26日(日)開催です。お申し込みはこちらからお願いします。

次につながる面白さ

トレーニング

競走馬のコンサイニングの仕事もボチボチ始まり、新馬のフレッシュさに緊張の毎日です。
競走馬になるサラブレッド達は、繊細でアグレッシブな子が多いので、初めは馴化の作業をメインに進めていきます。
これからの時期、身体が早熟な彼らは、頭が子供のままどんどんと力を付けていきます。
そんな彼らに一目を置かせる!ここが、我々人間の腕の見せ所になってくるんだと思います。

人がいる→人を意識する→人を認識する→人とのコミュニケーションへと繋げていきます。
色々なアプローチを仕掛けて、バタバタとする馬に対して、何に反応しているのか、これは動かなくてもいいものなのか、動くべきものなのか、どうするべきかしっかり馬に考えさせます。
何に反応しているのか…視覚なのか、音なのか、感触なのか…
馬も考え出すと、人に対してもどんどん意識が向いてきます。
目をむきながら(笑)必死に考えます。
これが、日々の積み重ねで、目をむかなくとも(笑)リラックスして人の指示を受け入れられるようになるんですから、面白いです。
とはいえ、そこに行くまでは、まだ先ですが…
怪我をせずに、今シーズンも競りに向かっていきたいものです。

DSC_0229

DSC_0260

さて、我が家には白いポニーが2頭きました。
女の子と男の子です。父ちゃんと娘の関係だとか…?
名前が無かったので、女の子には「ミルク」、男の子には「プック」という名前を、子供たちと考えて付けました。
ミルクは大人しいですが、プックは人にあまり慣れてない?ので、これから仲良く付き合っていくために、さわり始めました。
昨日は捕まえるのにてこずりました(笑)
捕まえた後は、人をしっかり認識するように、がっつり意識をとりました。
そのため、今日は放牧地に入るなり、ガン見状態www
そして昨日とは打って変わって、即捕獲!
が、裏掘りをしようとするも、またてこずりました(笑)
なんとか爪を切りたいんですけどね。…いつになるかな。
馬が納得してやってくれる、やらせてくれることが、次の日に繋がると思うので、ちょっとずつですが、人に寄り添えるようになるといいと思っています。
もうこのやりとりがたまらなく面白かったりするんです。

サラブレッドもポニーもそれぞれが必死に考えてる姿は何とも言えません。
それが次に繋がる面白さが、私たちが馬を続けられる力になっているかなと。
私たちも馬が好きだから続けているというより、馬が面白いから続けているような気がします。
馬が好き…だけじゃなく、馬が面白いと一緒に思ってくれる方が増えてくれたらいいなと思います。

なんだか最近モチベーションが沸々と湧きあがってきている感じです。
ふふふ。

一歩ずつ進んでいます

トレーニング

厚岸からやってきた新馬くんですが、最近はようやく捕まえられるようになり調教も徐々にではありますが進んできています。
思い切って進めていくことも必要なのかもしれませんが、なんせMKRanchは家族経営で人手不足。人間が怪我をしてはたまりません。確実に理解したところを求めて調教を進めていくようにしています。

先日ようやくハミを装着。
IMG_20150611_091321
かなりビビりの新馬くんですが、ハミはすんなりと受け入れてくれました。

そして、鞍付け。
今回はMKRanchのニューアイテム。ベアバックを始めて使ってみました。
IMG_20150611_091324
こちらもすんなり受け入れ。

来週からは、ようやく騎乗に入れるかなぁ。。。

※6月22日の「放牧地deランチ」ですが、思ったより参加者が集まっておりません・・・。1人でも開催はしますので、是非沢山の方々の参加をお待ちしております!!

「放牧地deランチ」の詳細はこちらから

IMG_20150611_093022

ベイシーの馬車

トレーニング

今日はベイシーの削蹄の日でした。
削蹄を頼んでいた蛭川さんがなぜか馬運車で登場!
積まれていたのは、馬ではなく…馬車。
削蹄を早々に済ませ、馬車調教講習会?が始まったのでした。

ベイシーの様子を見ながら、ちょっとずつ段階を踏みながら…
最終的に馬車を引っ張るところまでトントンと進んだのです!

DSC_0184

ベイシーは重種のいわゆる「ばんば」です。
やはりものを引っ張ることに長けた品種なのですね。
「おーーー!すごい!」
今日ギャラリーが何度その言葉を発した事か!(笑)
なによりも、ベイシーのオーナーさんにとっては、嬉しい事この上ない光景。

DSC_0191

最後、蛭川さんの計らいで、ベイシーの乳母様とオーナーさんとで馬車に乗せてもらい、涙涙の感動でした。

たくさんの可能性…ありますね!

MKRanch最初の新馬調教

トレーニング

MKRanchとしては、初めての新馬が新馬調教の為先日厚岸よりやってきました!!

3歳の半血種の去勢ですが、父親のアマデウス(クォーター)にそっくりな馬体。
3歳にして、ムキムキの体をしています。

11117395_653379901429575_100586401_n

なかなか手強いところがありますが、ゆっくりと時間をかけて仕上げていきたいと思っています。
今後はこの「トレーニングブログ」で近況を発信していきますね~♪

※しかし今日は暑かった・・・。まだ、5月なんですけど・・・。